福田 優実子

  • 葬祭部
  • 2021年
  • 中途
  • 一般

Interview

インタビュー

就活当時の志望業界・志望職種
接客業(ホテル、旅行などの観光業界)
なぜ葬儀の仕事を志望しようと思ったのか?
なぜ葬儀の仕事を志望しようと思ったのか? 接客業の中でも、悲しみの気持ちに寄り添う究極のサービス業であるというところに魅力を感じました。憂いのある人のそばにいることが優しさと、身をもって学んでいたことも大きかったと思います。
永田屋に入社を決めた理由
「もうひとりの家族のようなあたたかみのあるおもてなし」という基本方針に共感したからです。そして大好きな地元である相模原で恩返しがしたいと思ったからです。ご家族などお客様に向き合う以上に、共に同じ方向を見て対応に入る姿勢を自らも体現したいと思いました。
永田屋での仕事で活躍した出来事・思い出に残っている仕事
お式の司会進行担当として入らせてもらった際の出来事です。お式の打ち合わせ担当である先輩社員が、喪主様の「故人のおかげで我が家を建てることができた。感謝している」という言葉が印象的だったようです。それを受け、ご自宅を外から撮影した画像を葬儀日にサプライズで飾ったところとても喜んでくださいました。最後その画像をお柩に納めてもらった際には「たった一言でも覚えてカタチにしてくれているんだね」と感動してくださいました。
永田屋でこれから目指したい姿・社員として果たしたい目標
永田屋でこれから目指したい姿・社員として果たしたい目標 元気と優しさを持った、お客様や社員から頼られるような葬儀のプロになりたいです。永田屋の顔として永田屋のファンを増やしていける存在でありたいです。