小野塚 将

  • 葬祭部
  • 2015年度
  • 中途

Interview

インタビュー

就活当時の志望業界・志望職種
広告関係の仕事に就きたいと考えていました。
理由はバリバリ仕事をしているイメージがあったからです。
なぜ葬儀の仕事を志望しようと思ったのか?
なぜ葬儀の仕事を志望しようと思ったのか? 元々、人の役に立つ仕事がしたいと考え就活を進めていたのですが、前職ではお客様と接する時間が短く、もっと人の人生に影響を与える仕事がしたいと考えるようになりました。
そんなときに自身の祖父母を亡くし、とても悲しかったのですが、その時葬儀を担当してくださった方がとても親切で´人の人生に深く関われる尊い仕事だなぁ`と興味が湧いたのがきっかけですね。
永田屋に入社を決めた理由
とにかく”熱い”社長の話を聴いて入社を決めました。私もこれまで様々な面接を受けましたが、ここまで会社の将来のビジョンを語る社長は見たことがありませんでした。
この熱い社長なら、きっとビジョン通りの素晴らしい会社になるなと強く感じました。面接なのに、私全然喋ってないなぁと思ったのですが(笑)、その熱意に惹かれて入社を決めました。
永田屋での仕事で活躍した出来事・思い出に残っている仕事
永田屋での仕事で活躍した出来事・思い出に残っている仕事 8歳のお子様を亡くされたご両親が深夜にお電話をくださり、「しっかりと送ってやりたいんです。任せて大丈夫ですか?」と聞かれ「任せてください」とお応えしました。式後に「本当に永田屋の皆様は親切で、お願いして良かった」と言われたとき、やりがいを感じました。
永田屋でこれから目指したい姿・社員として果たしたい目標
まずはお客様に信頼信用される葬祭ディレクターになるということ。
地域に根差す葬儀社の一員として、永田屋の「顔」となれるように努めます。また、現在任せていただいている新卒採用の活動については3年後に採用の責任者となれるように、これからも会社の代表として葬祭業の魅力を学生さんに発信していきます!