先輩社員の声
なぜ95%以上のお客様にご満足いただけるサービスを提供できるのか。そこには社内文化に秘密が!

同じ部署は勿論のこと、他部署との仲も非常に良く、相手を思いやるコミュニケーションが常にあるこの会社の雰囲気が大好きです。 特に、感謝の気持ちを伝える「サンクスカード」制度によって、社内のあちこちで「今日はありがとう」「いつも助かります」など、 カードを渡し合いながら笑顔が飛び交う場面は永田屋のまさに文化です。この文化こそが、多くのお客様にご満足いただけるサービスを提供している当社の強みにつながっています!

  • Q
    入社のキッカケは何ですか?
    Q
    私は両親より、「家族・親戚関係は大事にしなさい」と小さい頃から教えられてきました。そして大人になるにつれ、その大切さを身に染みて感じるようになりました。 葬儀は、家族・親戚関係の絆を再確認できる場であり、私の感じたその大切さを何らかの形でお伝えできる仕事こそが葬祭業だと思ったことがきっかけです。
  • Q
    目標は何ですか?
    Q
    お客様の悲しみに寄り添う中で、私のことを「もうひとりの家族」のような存在だと思っていただけるような サポートができるようになることです。
  • Q
    会社の好きなところは何ですか?
    Q
    葬儀のお手伝いをしていると、「さすが永田屋さんだね」と言われることが多くあります。これは会社が地域に根付いて100年以上続いてきたことの証のみならず、信頼されていることの証でもあります。そんな会社で働けていることを誇りに思うと同時に、この会社の好きなところでもあります。
  • Q
    仕事のやりがいは何ですか?
    Q
    葬儀中は悲しみに暮れ泣き崩れていたご家族に、葬儀を終えた後に笑顔を見せながら、「本当に良い葬儀ができました。ありがとうございました。」と言われるときは本当にこの仕事をやっていてよかったと思います。
常にお客様の立場に立ってものを考え、葬儀のプロとしての誇りを持ち、ご遺族の皆様に後悔のないお別れの場を提供できるように日々努力をしています!
葬祭部とは
ご葬儀に関するすべてのお手伝い(搬送、受注、司会進行、アフターフォロー)をさせていただく部署です。お客様に感動をあたえられるサービスを提供できるよう、定期的にミーティングを行い、意見交換しています。

佐々木さんを密着取材!

  • 会社の理念、アファメーションの読み合わせをします。
  • 地域貢献の一環として会社周辺を葬祭部全員で清掃します。
  • 葬儀・告別式の進行をします。
  • 昼食です。午後の業務への英気を養います。

  • ご葬家と翌日のお通夜の打合せをします。
  • 打合せで決まったことの発注業務を行います。
  • 打合せに沿ってお通夜の準備をします。
  • 自分が担当した式の報告書を作成します。
従業員1人ひとりがイキイキと働ける!なりたい自分に向かって支えてくれる人たちがいる!

永田屋では月に1度、所属している部署のリーダーとの面談があります。そこでは、その月の自分自身の行動を振り返ると共に、これから目指すべき姿や自分自身がどうなって行きたいのかを一緒に話し合い、目標を定めます。この面談のおかげで、やるべき事が明確になり、仕事にやりがいが生まれます。時には悩みや普段思っていてもなかなか言えない事も相談でき、私はこの面談こそが、皆がイキイキと働けている秘訣だと思います!

  • Q
    入社のキッカケは何ですか?
    A
    葬祭業界に元々関心はあったものの、実際の仕事内容や職場環境はもちろんのこと、どのような方々が働いているかも全く想像できない未知の世界でした。しかし、永田屋の会社説明会で実際にお話を聞いて、永田屋の魅力に触れるうちに、私もこの会社で働いてみたい!と思ったのがきっかけです。
  • Q
    目標は何ですか?
    A
    お客様の気持ちを汲み取り、悲しみに寄り添いながらも、これからの生活を前向きに過ごしていただける様なお手伝いのできる人になることです。また、誰に対してもどんな時も感謝の気持ちを忘れず、皆が働きやすい職場環境を作っていくことです。
  • Q
    会社の好きなところは何ですか?
    A
    本当に本当に従業員の方々の人柄が素晴らしいです!魅力的な方々ばかりです。お互いに認め合い、協力し合う風土がこの会社にはあり、嬉しいことはみんなで喜び、何かあれば部署を超えて助け合う、そんな一体感があるところが私は好きです。
  • Q
    仕事のやりがいは何ですか?
    A
    大切な人との最後の時間を悔いの無いように過ごしていただけるように、また、後悔のないお別れができるようにサポートさせていただけるところにやりがいを感じます。
お客様に対しても職場の仲間に対しても、真摯な態度、一生懸命さを大切にし、永田屋の顔であるという意識を常に持ちながら、責任ある行動を心がけています!
葬祭部とは
ご葬儀に関するすべてのお手伝い(搬送、受注、司会進行、アフターフォロー)をさせていただく部署です。お客様に感動をあたえられるサービスを提供できるよう、定期的にミーティングを行い、意見交換しています。

花房さんを密着取材!

  • 会社の理念、アファメーションの読み合わせをします。
  • 地域貢献の一環として会社周辺を毎朝清掃します。
  • 棺や備品等の発注業務を行います。
  • 告別式の出棺時間に遅れが生じないよう司会者をサポートします。

  • 協力し合って次のお式の準備をします。
  • ランチタイムです。1日の中でホッとできる時間です。
  • お通夜にいらした参列者のご案内をします。
  • 今日も1日お疲れ様でした!明日も頑張ります!
営業といってもノルマがあるわけではなく、飛び込み営業もありません。目標を達成するために、部署で助け合いながら日々努力しています!

入社してから感じることは、社員同士の仲が本当に良いところです。普段仕事で忙しい時でも、会社に戻ると温かく迎えてくれるところが、もうひとりの家族のような感覚があります。居心地が良すぎるせいか、時には気づいたらこんな時間!という時もあります。葬儀の仕事は固いイメージがあったので、このような自分らしく働ける環境はとてもありがたいです。

  • Q
    入社のキッカケは何ですか?
    A
    私は元々人材業界、教育業界を志望していました。就活をしていく中で、ご縁で永田屋に出会いました。社長の誠実な人柄に惹かれ、もっと話を聞いてみたいと思い、選考に進みました。永田屋の目指す未来と私の将来やっていきたいことがリンクしたことから、永田屋に入社する事を決めました。
  • Q
    目標は何ですか?
    A
    どんな時でもお客様の力になれる存在になることです。私の関わりを通して、この人ならお願いしたい、頼りたいと思って頂けることで、お客様にとってもWINであり、会社にとっても、一緒に働く社員たちにとってもWINであるような存在になることを決めています。
  • Q
    会社の好きなところは何ですか?
    A
    お客様のためだけではなく、社員がより良く働けるようにと考えているところです。普段の仕事だけではなく、研修を通して自分を見つめ直す機会を与えてもらえる環境は本当に珍しくありがたいことです。また、お互いの仲の良さは何よりピカイチだと思っています!
  • Q
    仕事のやりがいは何ですか?
    A
    お客様から「相談してよかった」というお言葉を言われることです。目の前のお客様と常に親身に関わって、お客様の抱える不安を解消した時に、お客様の力になれたという実感があります。このような体感ができるのも、葬祭業界だからこそのやりがいです。
永田屋の顔として、心が通いあうような永田屋らしい葬儀を広める活動!終活を広め、葬儀を事前に考え、あんしんできる世の中を作ります!
営業部とは
事前に葬儀のことを考える大切さを地域の皆様にお伝えする部署です。また、当社の顔としてお客様周りをする大切な部署でもあります。そして、お客様とのやりとりからご葬儀のニーズを聞き取り、会社に反映させていくことも行っております。

保坂さんを密着取材!

  • 一日の始まりの大切な朝礼で情報共有をします。
  • 終活なるほど教室の運営のお手伝いをします。
  • 今度お伺いするお客様へ電話でアポイントをとります。
  • ほっと一息つける昼食タイムです。部署の仲間と一緒に食べるときもあります。

  • アポイントのお客様宅へ移動します。
  • 一日に数件お伺いしていきます。
  • お客様と対面でお見積りの作成や、ご不安などをお聞きして安心を提供します。
  • 一日の振り返りと明日の用意をして帰宅します。
Copyright (C) Ceremonyhall Nagataya All Rights Reserved.